手と腕の組み方から、右脳と左脳の動きの傾向を判断する診断テストがあります。

今回は、その結果と最近のやりがいについてお話します。

社会に受け入れられるためには突出するしかない

私の場合は、手も腕も、見たものや物事を直感的に判断する右脳タイプで、科学的な根拠があるのかわかりませんが、見事に当たっています。

人間の型にはめ込んで、やっと今の状態なのですから、去年ヒットしたアナと雪の女王のメインテーマ曲のレット・イット・ゴーの歌詞にあるように、ありのままに行動していたなら、自由奔放すぎて動物以下になりそうです。

株で稼いだお金は投資で社会に還元する

こんな私だからこそ、他人に迷惑をかけない範囲で、自由に生きるためには、自分の得意分野を突出させて生きるしかありません。

突出したもの、あるいは感謝される何かがなければ、社会に受け入れてもらえないのです。

自分自身にはあまりお金がかからないので、株で稼いだお金は、ほとんど投資に回しています。

日本は技術大国なので、面白い技術やいい技術に投資することで、社会に還元していければ、こんなにうれしいことはありません。