今週の東証株式市場は以前として薄商いでのレンジ相場となりました。

この背景は、来週に迫っております米国FOMC.日銀政策決定会合を見極めたいとの投資家心理から積極的な売買を控えているものと推測出来ます。

来週以降はこれらのイベントから株価も上下に変動幅の大きな展開が予想されますので注意が必要です。

ここにきてマザーズ市場をはじめとしました新興株にも力強さに陰りが見て取れ最近ではむしろ東証1部の銘柄群の中から値動きの良い銘柄が見受けられます。

来週には新しい四季報も発売されることから業績相場への流れが鮮明になるものと思われます。

また、マザーズ先物市場の上場を来月に控えて思惑から再度もうひと盛り上がり有るのか期待しつつも注視して見ている所です。




今週の億トレの動向

今週は持ち株を減らしてキャッシュにしていた億トレが多いようでした。
特にマザーズ市場銘柄に関してはポジションを減らしているようでした。