みんかぶさんとの共同企画!こちらも是非是非ご覧下さい!

300_250_2





今週の東京株式市場は終始軟調な相場展開となり、再び15,000円割れの水準まで下落し週末の金曜日は15,106,98円で終えました。

為替ドル円も再び一時100円を割り込んだものの週末は100,53円と首の皮一枚終値100円割れは回避されました。

日曜日の参議院議員選挙も意識した非常に薄商いの消極的な相場展開でした。

来週以降は参議院選挙の動向にもよりますが、7月末の日銀政策決定会合での追加金融緩和期待から比較的堅調な相場展開が予想されます。

また、来週15日にはLINEの大型上場も控えていますので、市場のボリュームの復活が鍵になるのではないでしょうか?
市場のボリューム如何によってはセカンダリーにも妙味が有りそうです。



■億トレの予想
市場にボリュームが戻るようですと短期的には、今まで売られ過ぎ感のある銀行株あたりにも妙味が出てきそうです。