今週の東京市場日経平均株価は水曜日午後から日銀政策決定会合の発表うけて前日比300円を超える値上がりとなり、銀行、証券、不動産といった銘柄群を中心に値上がりしました。木曜日の祭日を挟んで金曜日からの展開に大いに期待されましたが買い意欲は続かず失速して週末を終えました。

来週以降はどのような銘柄群に買い意欲が見られるか注目したいところですが、相変わらず値動きの良い小型材料株物色中心の相場展開が続くものと考えられます。

■億トレの見解
東証1部銘柄群も徐々に下値が固まってきた感がありますので今後値動きには大いに期待したいところです。